増えてきた葬儀のスタイル|直葬で負担なく

新しい葬式のカタチ

葬式

横浜でも選択する人が増えてきているのが、家族葬という葬儀のカタチです。故人の家族や親しい人のみで行われる葬式であり、故人との最期の別れの時間をゆっくりと取ることが出来ることから、近年行う人が多いようです。親族や生前故人がお世話になった人からの理解を得ることが大切です。

もっと見る

やり直しは出来ない

合掌

横浜で葬儀社を探しているという場合には、実際に葬式を執り行った人の口コミなどを参考にするという人が少なくありません。しかし、口コミの情報だけを参考にして業者を選んだ場合には、後悔をする可能性もありますので、注意が必要です。

もっと見る

葬式後の後片付け

作業員

遺品整理は業者に頼む方法があり、体力的・精神的に負担が楽等の理由がある人に人気があります。業者を選ぶ際には悪質な業者を選ばないために、複数の業者にお見積りを依頼して相場を把握しておくこと等が必要です。

もっと見る

簡単に済ませられるお葬式

霊柩車

直葬は近年注目を浴びているお葬式のスタイルです。これはかいつまんで言えば、宗教的な儀式を省いた葬儀ということになります。各種のオプションを省いている関係上、その費用は安めに設定されています。これは平均30万円ほどだと言われており、葬儀社と値引き交渉をお恋えば、20万円台にまで下げることが可能になっています。直葬を扱う業者は多いのですが、その費用に関してはバラバラなのが現状です。いざというときが来ても慌てないで済むように、複数の業者から見積もりを出してもらいましょう。そうすることにより、本命だと思った業者との交渉が有利になる上、現在の相場を把握することが可能になります。店舗に足を運ぶ暇がないのなら、サイトをチェックするという手段もあります。情報収集を怠らないようにしましょう。

直葬を行うに際しての注意点としては、遺体の安置場所の確保があります。これは法定伝染病でもない限り、死後24時間経たないと、遺体焼却が認められていないためです。病院に頼んでも断られることが多いので、この場合は火葬場の霊安室を借りるようにしましょう。これは有料であることが多いので、事前に使用料金を確認しておきましょう。なお、直葬を行う場合は、菩提寺に連絡を取り、許可をもらうようにしましょう。無断でそれをやってしまうと、後で納骨を断られるというトラブルが起きるからです。直葬でもお経ぐらいは欲しいと感じるのであれば、葬儀会社と交渉して、火葬炉の前でだけお坊さんに来てもらうという手段があります。このときも菩提寺がある場合は、事前連絡をしておきましょう。